卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

おっさんは若者たちの区別がつかない

どうも、卓球絵描きタクガキです。

 

先日、とある大会でのこと、

ダブルスの試合で、相手は大学生くらい

でしょうか、さわやかな男子2人です。

f:id:takugaki:20191213162113j:plain

1ゲームめ、全く歯がたたず。

 

そして2ゲームめが始まった直後のこと。

f:id:takugaki:20191213165954j:plain

f:id:takugaki:20191213162251j:plain

f:id:takugaki:20191213162313j:plain

f:id:takugaki:20191213162329j:plain

f:id:takugaki:20191213162344j:plain

f:id:takugaki:20191213162400j:plain

しかもこの2人、ラバーまで

2人とも両面全て同じという

オマケつきでした。

 

ま、このエピソードはたまたま

相手コンビが似た雰囲気だったっちゅう

だけの話でもあるんですが、

最近の若者たちのいわゆる現代卓球を

見ていると、みんなシェーク裏裏か裏表、

フォームも似かよっていて、

個性のある選手が少ないなあと思います。

 

 

僕らが中学生の時は、他校へ練習試合

なんかに行くと、

「なんでその打ち方で入るの?」

というクセの強いフォームの子が

いたりして、そのモノマネをして

遊んだもんです。

 

今は指導者も生徒もみんな

YouTube見るんでしょうね。

「我流」が入り込む余地はないのかも

しれません。

 

時代も変わっとるんだし、それが

良いことなのか悪いことなのか

わかりませんが、個人的には

少し寂しく感じる今日この頃です。

 

〇今週のアイキャッチ〇

f:id:takugaki:20191218113301j:plain


田添健太選手

田添響選手

(ともに木下マイスター東京)

 

今回出てきたダブルスの相手、

まさにこんな感じの2人でしたね。

こんな、今でいう「陽キャ」風の

イケメンが卓球をやる時代になった

んだなぁとしみじみ思います。

(おっさんの感慨)