卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

2019年卓球界を振り返る

どうも、卓球絵描きタクガキです。

このブログも11月にスタートして10本目、

年内最後の更新となりました。

いつも読んでくださっている方、

ありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。

 

というわけで、今年最後に当たって

2019年の卓球界を振り返ってみようと

思ったわけですが・・・

f:id:takugaki:20191224111353j:plain

 

 

 

f:id:takugaki:20191224111415j:plain

これは去年の世界卓球。

 

 

張本智和

これも去年やな。

 

 

いや、去年去年。

 

すぐに思い浮かぶのは、

去年のことばかり。

 

っていうか、2018年、卓球界

激動すぎじゃね?

 

 

結局、僕が思いついたのは、

女子四天王(伊藤、石川、平野、早田)

の陰に隠れていた選手たち

佐藤瞳

橋本帆乃香

長崎美柚

木原美悠

の活躍、台頭ということでした。

 

各選手、今年はしっかり結果残しましたね。

女子は層が厚い。

 

その中でも、特に印象に残っている

選手を挙げるとしたら、やはり

長崎、木原のWみゆうでしょうか。

3度の国際大会優勝。

そして、Tリーグの会場で生で近くで

見て、めっちゃ可愛いかったので

個人的にも思い入れがあります。

長崎美柚 木原美悠

 

僕自身、それほど熱心な卓球ウォッチャー

ではないので、

「今年、もっと他にあんな事とかこんな事

あったろーがよ!」

という方いましたら

教えていただければ幸いです。

 

それでは皆様、よいお年を。