卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

平和主義も良し悪し?とある大会でのできごと

どうも、卓球絵描きタクガキです。

 

以前、とあるオープン大会に出場した

時のことです。

 

相手は中学生の男子、

フォア裏、バック粒の変則的な

スタイルで、とても強かったのですが、

試合をしているうちに慣れてきたことも

あり、フルゲームに持ち込むことが

できました。

そして、最終ゲームも、ジュースに

までもつれます。

f:id:takugaki:20200221205710j:plain

テンオールで僕のサーブ。

これまでの展開で、バックへのロングサーブ

が有効だと感じた僕は、ひたすら

ロングサーブを多用していました。

そして最後までそれに頼るしかない

と判断します。

 

相手のバックに深く、台の端ギリギリ

を狙ったロングサーブ。

f:id:takugaki:20200221210042j:plain

f:id:takugaki:20200221210132j:plain

痛恨のサーブミス・・・

なんだけど、今、台から出るより先に、

エンドラインの内側でラケットに

当たらなかった?

だとしたらこっちの得点になるはず。

 

きわどい所でしたが、審判の人も

そう感じたようで、微妙な空気が

流れます。

f:id:takugaki:20200221210506j:plain

相手の子はアウトを主張しますが、

問題はサーブがアウトかインかではなく、

ボールがラケットに当たった位置です。

 

とはいえ、

「卓球界のジョン・レノン」の異名を

持つほどの平和主義者の僕です。

 

もめて後味悪くなるのもイヤなので、

微妙な判定なら譲ることに

しています。

 

僕が何も言わずにいたので、

審判の人はちょっと首をかしげながら

も相手に点を入れました。

 

そして、その後、僕は試合に負けました。

 

すると、試合後、審判をしてくれていた

人が・・・

f:id:takugaki:20200221211205j:plain

あ~あ、

審判の人に気ぃ使わせてしもたか・・・

 

負けた悔しさと、

勝てたのに勝ち切れなかった

不甲斐なさと相まって、

僕の卓球人生の中でもトップクラスの

モヤモヤの残る試合となって

しまいました。

 

今となっては、ちゃんと主張すれば

よかったと後悔しています。

 

「サーブミスだとしても、

エンドラインより内側でボールに

触れたらこちらの得点になる。

僕だけじゃなく、審判にもそう

見えてるんだから、こちらの得点に

なるのが妥当だよ。」

 

と、ちゃんと説明してあげれば

よかったと。

その方が相手のためにもなった

だろうし。

 

楽しさ優先の平和主義も

いいけれど、試合では審判という

第3者も加わるので、

主張すべきことは主張すべき、

と思ったできごとでした。

 

 

〇今週のアイキャッチ〇

f:id:takugaki:20200221212310j:plain

ジョン・レノン

 

真心ブラザーズの

「拝啓、ジョン・レノン」という曲が

あるのですが、

歌詞の中で、同氏のことを

「あの夢想家」

「バカな平和主義者」

と表現している部分があります。

 

20年以上前の作品ですが、

この歌詞の意味が今わかった

ような気がします。