卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

2020全日本卓球選手権決勝観戦記

どうも、卓球絵描きタクガキです。

1月19日、2020年全日本卓球選手権の

最終日に行ってまいりました。

会場は丸善インテックアリーナ大阪です。

 

では、さっそく1試合目から順番に

いきたいと思います!

 

〇女子シングルス準決勝第1試合〇

早田ひな4-3伊藤美誠

伊藤美誠

1試合目からフルゲームの接戦、番狂わせに

会場はもう、のっけからクライマックス

でした。

 

序盤からガンガンいく早田選手のペース、

伊藤選手が盛り返す、終盤は再び

早田選手のペース、と観ててわかりやすい

試合の流れだった印象です。

 

〇女子シングルス準決勝第2試合〇

石川佳純4-1橋本帆乃香

橋本帆乃香

カットマン対ドライブマン、

卓球観戦の醍醐味です。

 

カットマンて、経験値がものを言う戦型

だと思うんです。

これは、カットマン本人だけでなく、

対カットマンという意味でも。

なので、この試合はキャリアの長い

石川選手が有利なのでは、

と予想してました。

 

カットマンは歳を重ねても活躍

してる選手が多いので、橋本選手、

まだまだこれからです!

 

〇男子シングルス準決勝第1試合〇

張本智和4-3戸上隼輔

f:id:takugaki:20200124150020j:plain

張本選手がゲームカウント1-3と

リードされてからの大逆転、

またも会場は大盛り上がりです。

 

この試合を観てて感じたのは、

張本選手、高校生にしてすでに

追われる立場になってるんだなぁ

ということ。

 

失う物の無い戸上選手が、

捨て身で牙をむいて襲い掛かる。

それをはね返す張本選手。

終始、そんな印象を受けた試合でした。

 

〇男子シングルス準決勝第2試合〇

宇田幸矢4-2吉田雅己

f:id:takugaki:20200124150046j:plain

ここまで3試合、人気選手の熱戦が続いての

両選手の試合です。

 

お昼時になったというのもあり、

明らかに会場内がクールダウン

してしまっているのがわかります。

やたら空席が目立つようになり、

スマホいじる人、食事する人。

まさかこの後、宇田選手が

優勝するとは・・・

 

正直、この段階で僕は、

「この後、決勝戦で張本選手に負ける相手

を決める試合」だと思って、あんまり

集中してませんでした。すいません。

 

1つ、気になったのは、宇田選手の

サーブが完全に持ち上げトスになって

いて、16㎝上がっているかどうか

微妙だったことでした。

この後、決勝戦ではしっかりと

トスを投げ上げていたところを見ると、

審判から注意が入ったのかな?

と思います。

試合中に注意が無かったことを考えると、

決勝前に張本サイドからクレームが

入ったのかもしれませんね。

僕の推測ですが。

 

〇女子シングルス決勝〇

早田ひな4-1石川佳純

f:id:takugaki:20200124150113j:plain

ついに決勝戦。ここまでくると、

若さ、勢いに勝る早田選手が有利

なのでは、と予想してました。

けっこう一方的な展開でしたね。

 

そして何よりも、早田選手の試合後の

涙は感動的でした。

試合終了直後にうずくまっての号泣。

 

いろんなことを犠牲にして、

命がけで頑張って、手にした栄光。

 

神様に選ばれた人間だけが立てる場所、

流せる涙だなぁと思いながら、

しみじみと眺めておりました。

 

〇男子シングルス決勝〇

宇田幸矢4-3張本智和

宇田幸矢

準決勝の戸上戦同様、

ミスを恐れず攻める宇田選手、

はね返す張本選手、一進一退で

最後までどうなるかわからない

大熱戦でした。

 

2人とも、まだ高校生・・・

〇総括〇

というわけで、全6試合が終了。

とりあえず、これで3000円は安すぎる!