卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

おうちで素振り。卓球のスイング現在過去未来。

どうも、卓球絵描きタクガキです。

 

先日、家であまりにヒマだったので

「そうだ、素振りをしよう。」

と思い立ちました。

 

中学生の頃なんて強くなりたい

一心で毎日やっておりましたが、

社会人のなってからはほとんど

やってません。

 

そうして、久方振りの素振りを

しながら、昔と今の卓球のスイングの

違いについて、思いを馳せてみました。

 

我々の世代が部活で習ったのは、

「3角形スイング」でした。

後足から前足へ体重移動しながら

打つというのが基本です。

f:id:takugaki:20200417131907j:plain

f:id:takugaki:20200417132509j:plain

年輩のペン表の方など、こういう

スイングされてるのよく見かけるんじゃ

ないでしょうか。

 

そして社会人になって再開して

卓球教室に通い、20代のコーチに

教わったのがいわゆる「現代卓球」

のスイングです。

 

体の中心に杭を立て、それを回転軸

(体幹ってやつですね)にして振る

ようなイメージでしょうか。

f:id:takugaki:20200417133152j:plain

 

こうして卓球スイングの過去から

現在を考えてみると、やっぱり

気になるのは未来ですよね。

 

卓球はこれからどう変わっていくのか。

 

今や主流となった技術「チキータ」を

生み出したコルベル選手のように、

誰も見たことのない新しい技術や戦術を

研究している名もなき天才が、

今この世界のどこかにいると思うと

ワクワクしますね。

 

〇今週のアイキャッチ〇

f:id:takugaki:20200417134255j:plain

素振り用ラケット「スブリイ」

 

中学時代、顧問の先生が貸してくれて、

日々素振りに励んでました。

 

今は黒塗りのものが販売されてるみたい

ですが、昔は木目だったんですよね。