卓球絵描き タクガキのブログ

卓球やってマンガ描きます。

卓球レシーブ時の構えについていろいろ考えてみた

どうも、卓球絵描きタクガキです。

 

皆さんはレシーブの時、

どんな構えや動きをされていますか?

 

そんなにバリエーションは多くない

でしょうが、これも人それぞれ、

時代によって変わってきてるのかなあ

と思います。

 

今の主流といえばこれですよね。

 

腰を落とした状態から・・・

f:id:takugaki:20200501135027j:plain

相手のサーブに合わせて上体を起こして

脱力し、次の動きに備える。

f:id:takugaki:20200501135144j:plain

僕も卓球教室でこのやり方を習い、

今はこれです。

 

以前はこうでした。

 

まずちょっと後ろで構えて・・・

f:id:takugaki:20200501135351j:plain

相手のサーブに合わせて一歩踏み出す
ことによって力をためる。 

f:id:takugaki:20200501135520j:plain

「スプリットステップ」と教わった

記憶があります。

 

オールフォアの時代はこれが多かった

印象ですね。

 

他にも、相手がサーブを打つ瞬間まで

全く動かない人や、その場でバタバタ

足ふみをするパターンもありますね。

f:id:takugaki:20200501135902j:plain

 

いろんなやり方がありますが、

プロ選手の中で個性的なのは

なんといってもブラジルの

ウーゴ・カルデラノ選手でしょう。

f:id:takugaki:20200501140035j:plain

確かに腰を落として目線を低くする

のが大切だとは言われますが、

何もそこまで低くならんでも・・・

 

ところが一方では、

「目線はそんなに低くする必要はない」

という考え方もあるみたいで、僕がいつも

教わっているコーチはけっこう腰高な

構えだったりします。

 

レシーブの構えって、サーブと違って

あまり注目されることがないのですが、

けっこう奥が深いのかもしれませんね。